保有建物運用支援

 

アクアの保有建物運用支援

株式会社アクアは、お客様が保有する建物の継続的な安全性や遵法性の確保、運用収益の安定化、リニューアルによるバリューアップ等に必要な様々な技術的・専門的な助言を提供し、お客様が長期に亘って、安心して建物を保有できるよう支援を提供します。

株式会社アクアの保有建物運用支援機能

建物運用に関する技術支援機能

建物保有中の運用収益の安定化のためには、建物管理費を適正にコントロールする必要があります。株式会社アクアは、お客様の要請に応じて、建物更新費用、水光熱費、管理費、改修(バリューアップ)費用などの精査を行い、継続的な安定収益の確保を支援します。

中長期修繕計画に関する技術的支援機能

一般的に建物調査報告書に記載されている中長期修繕計画は、関連するマニュアルや標準的な指標に基づくものであり、建物固有の要件を反映していないことが多い。そこで株式会社アクアは、実際の建物を現地調査し、特に機械・電気設備機器などの経年による更新の必要性にバラツキのあるものを、個別に評価し、お客様の必要とする期間に応じた長期の修繕または更新計画と予算書の作成を行います。それによって、お客様は建物寿命の最大化と合わせ、建物の修繕や更新にかかる費用を平準化することで、運用収益の安定化を図ることができます。また建物処分時の修繕費用積立金の説明責任を十分に果たすことができます。

遵法性調査による技術的支援機能

お客様が既存の建物を取得する際、その建物の完成以後の建築関連法規の改変に伴い、最新の法規に適合しない場合があります。また、建物完成後に実施された改修工事や改造工事により、その不適合となっている場合もあります。そのため、株式会社アクアは、お客様の要請に応じて、建物の遵法性診断を行い、不具合がある場合には、その対策や改善方法を提案し、建物遵法性の確保を支援します。

耐震診断による技術支援機能

株式会社アクアは、お客様の要請に応じて、最新の耐震基準に基づいた建物の耐震性能を評価し、その改善が必要な場合には、豊富な経験と幅広い専門知識により、実施可能な耐震対策の手法を推奨します。特に、運用中の建物に耐震対策を施す際には、技術的な観点のみならず、建物の使用上、運用上、管理上などの様々な観点から有効な工法や施工方向を選択しなければなりません。

アクアの主な事業内容