京都東山インターナショナルブランドホテル新築工事

概要

所在地 京都市東山区
延床面積 34,700㎡
構造・規模 RC造 地上4階 地下3階
用途 ホテル
種別 新築
業務期間 2011年3月~2016年6月

カテゴリー:

◆プロジェクトの特徴
国内最高級クラスのホテルを作ることを目指し計画されたホテル建設プロジェクトです。
お客様(発注者)は外資系企業(マレーシア)で、ホテル運営者も最上級グレードの5つ星ホテルを世界的に展開する海外ブランドでありました。
海外と日本では建設文化に大きな違いがあり、お客様も日本でのプロジェクトは初めてであったことから、その調整役としてプロジェクト運営のサポート及びCM業務を担当させて頂きました。

◆業務概要

■PM/PM補助
・プロジェクト運営に係るお客様(発注者)の支援
・工事予算書の作成
・工事区分と発注区分の整理
・プロジェクト全般に亘る調整業務
■CM業務
・工事費の妥当性に関する技術支援
・各種工事の施工者選定に係る入札代行業務(本体工事、コストオン工事、分離発注工事)
・内装コストオン工事の見積り及び予算設定業務(合理化提案含む)
・設計モニタリング
・施工モニタリング

◆プロジェクトでの主な役割・機能

・プロジェクト運営支援機能
最高級品質のホテルを目指し、設計者は各機能に応じた国内外のスペシャリストを起用。
施工者も複数の発注パッケージに分けて調達をしたことから関係者が多岐にわたりました。
各発注パッケージ毎に適切な予算設定を行うと共にその実行に向けた計画策定支援を行いました。
また、多岐にわたる関係者間の間に立ち、その調整を役を担い、円滑なプロジェクト運営の支援を行いました。

・調達プロセスの透明化機能、調達方法の最適化支援機能
工事内容を鑑み合理的な発注パッケージ及び発注方式(一括発注、コストオン発注、分離発注等)のご提案と、各方式のメリット、デメリットをご説明し、お客様にとって最適な調達方式の策定支援を行いました。
更に、決定した調達方式に準じ、各パッケージの入札代行業務を実施。各施工会社の価格、納期、施工能力など様々な観点からの分析評価を行い、関係当事者が納得して選定が行えるよう調達プロセスの透明化を図る支援を行いました。

・価格妥当性検証機能、説明責任支援機能
入札段階においては全ての入札パッケージにおいて見積項目、数量、単価の妥当性検証及び施工者とのヒアリングを実施し、入札結果レポートを作成。
工事段階においても現場で生じる追加変更工事を全てリスト化し工事費の妥当性検証を実施。
定期的に現場でのコスト、品質の進捗状況をレポートにて報告することで、関係当事者への説明責任を果たすための支援を行いました。

・人的補完機能
大規模プロジェクトで関係者が多岐にわたる中、お客様(発注者)側の人員体制が整っていない環境であったため、工事段階においては工事現場に常駐をし施工モニタリングを行いました。
それによって、リアルタイムで現場の状況を把握し、現場で生じる様々な問題に対して迅速に対応することで、ムダな追加費用や工期遅延のリスク回避に努め、お客様の人的補完機能を果たすことができました。

◆業務効果、お客様の声・評価

・多岐にわたる工事調達、関係者間の連絡調整や契約手続きなど、膨大な業務量に対して、総合的にプロジェクト運営をサポートしてくれた。
特に海外と日本の建設文化の違いによる関係者間での認識のギャップの解消のため、関係各社の間に入り調整を行っていただいた事で円滑なプロジェクト運営を行うことができました。

・施工段階での様々な変更要望に対して、全ての変更項目をリアルタイムに取纏め頂いたことで、品質、コスト納期のバランスを図りながら適切に判断していくことができた。
最高級グレードホテルとして満足のいくホテルを開業することができました。

【2017年HICAP受賞】