渋谷全線座ビル設備更新工事

概要

所在地 東京都渋谷区
延床面積 10,600㎡
構造・規模 SRC造 地上13階 地下2階
用途 ホテル 商業施設
種別 既存
業務期間 2015年2月~2015年7月

◆業務内容(主な業務)

【計画・設計段階】
①定例会議への出席、各種助言
②現地調査
③計画内容の整理、調整

【工事発注段階】
④改修計画図の作成
⑤見積説明会用資料の作成
⑥見積内容の確認、精査
⑦見積内容に関する施工者との協議、調整
⑧入札結果報告

【施工段階】
⑨定例会議への出席、各種助言
⑩施工計画書施工図、機器製作図の確認
⑪各種検査立会
⑫増減見積内容の確認、精査

◆プロジェクトの特徴

・築35年を経過した複合用途ビルの設備更新工事におけるCM業務。
・約1年を掛けて衛生設備の竪管及び横枝管更新を行ったのち、3週間の全館休業期間に基幹設備(水槽、ポンプ、受変電等)の更新工事を終了させ、リニューアルオープンを迎えた。

◆プロジェクトでの役割

・全ての設備機器のリストアップ、更新履歴確認、優先順位付け及び工事費概算金額算出を行い、更新の要否判断を支援。
・詳細な見積要綱書と説明図を作成して多くの施工者に入札参加を促し、競争原理によるコストメリットを享受。論理的手法にて見積精査を行い、コストを最小限化するとともに金額妥当性を確認。
・施工図精査・中間検査・竣工検査をきめ細かく実施。要望する品質を詳細に伝達することで手戻りを防ぐとともに工事品質を確保。
・各段階のスケジュールにおけるクリティカルパスを明らかにし、遅延しない為の対策を協議。安全管理の体制を構築させ、事故による工事ストップのリスクを低減させた。

◆発注者からの評価

・当社にとって多額の投資を伴う社運をかけた大規模工事でしたが、工事後のビル運営も見据えたメリット・デメリットの客観的な整理や、工事リスクの見える化など、当社が求めていたことに適切に対応いただきました。何より「熱い思い」で事業に参画いただいたことに大変感謝しています。