[ホテルCM活用事例]フォーシーズンズホテル京都

概要

所在地 京都市東山区
延床面積 34,700㎡
構造・規模 RC造 地上4階 地下3階
用途 ホテル
種別 新築
業務期間 2011年3月~2016年6月

カテゴリー:

建設文化の違いをサポートし、外資系企業による国内最高級ホテルの発注業務をマネジメント

インターナショナルホテルブランド、フォーシーズンズホテルの新築プロジェクトです。京都の東山地区に全180部屋、離れの茶室などを含む、約34,700㎡からなる計画でした。
本プロジェクトは、所有者はマレーシアで不動産投資などを手がけるベルジャヤコーポレーション、運営委託者はフォーシーズンズ・ホテルズ&リゾーツという国際色豊かなプロジェクトでした。アクアは、所有者であるベルジャヤコーポレーションから、日本の建設市場への知見と豊富なホテルPM実績を評価され、プロジェクトに参画しました。

クライアントはマレーシアの外資系企業であり、日本の建設文化について全く知らない状況でした。アクアは海外と日本の建設文化の違いについて整理し、クライアントの要望を日本での建設プロジェクトで実現するためにどのような進め方が良いかを共に考え、プロジェクトを進めていきました。

クライアントを最も悩ませたのは発注業務の複雑さでした。最高級ホテルをつくる多種多様なスペシャリストはこだわりも強く、発注先は細分化されていきました。アクアはデザイナーや設計者、施工者など主要32社にもなる関係者に対して丁寧なヒアリングを繰り返し、一括発注、コストオン発注、分離発注などの組み合わせによってプロジェクトに最適な発注方式を策定しました。さらにこの調達プロセスを関係者が納得して進めることができるようプロセスの透明化に努め、所有者、運営者の両外資系企業が意思決定しやすい形で進捗をサポートし、2016年10月のホテル開業を迎えることができました。

【2017年HICAP受賞】

建設コスト、プロジェクトの課題を
アクアに相談する