ホテルJALシティ名古屋 錦

概要

所在地 名古屋市中区
延床面積 9,693㎡
構造・規模 S造 地上14階
用途 宿泊施設
種別 新築
業務期間 2016年8月~2018年8月

カテゴリー:

新ブランドコンセプト「Smart Simplicity」の実現を、発注・コスト両面からサポート

オークラニッコーホテルマネジメントの名古屋初進出となるプロジェクト。錦地区に地上14階建て全216室のホテルを新築しました。
クライアントはすでに何件もホテル建設を行っていましたが、新ブランドコンセプト「Smart Simplicity」を実現するため、デジタル機器の調達にともなう複雑な発注プロセスの実現とコストの最適化のサポートを必要としていました。

クライアントは、大きく2つの課題を抱えていました。
1つ目の課題は、予算管理の厳格化です。不動産投資ファンドの事業であるため、プロジェクトの進捗による予算変更は難しい状況でした。アクアは、複数の設計コンセプトの事業性を並行して検証するため、初期段階に4パターンの概算算出を行いました。これまでのホテルCM業務の経験を活かし、本体の工事費だけでなく、家具やデジタル機器などの別途工事の見通しも立てたうえで精度の高い工事費概算を算出しました。これにより設計・施工者選定にあたっては当初から詳細な協議を行うことができ、結果として当初予算を最後まで守ることができました。
2つ目の課題は、別途発注の多さでした。ホテルプロジェクトでは本体工事のほかに別途発注工事が多くなりがちです。今回は多くのデジタル機器を採用していることで発注先が増加し、さらに発注者の負担は大きくなっていました。アクアは、内装工事などの通常の別途工事に加え、新たに必要となったデジタル機器導入にともなう9つの発注工事をベンダーの特性にあわせて最適となる5つの発注に整理し、コスト・スケジュール・施工方法を最適化しました。

アクアは初期段階の事業性検証と発注方式の最適化を通じ、新ブランドコンセプトの実現に貢献いたしました。

建設コスト、プロジェクトの課題を
アクアに相談する