日刊建設工業新聞にアクアが掲載されました 国交省「多様な入札契約方式モデル事業」の事業支援者にアクアが決定されました

日刊建設工業新聞にアクアが掲載されました 国交省「多様な入札契約方式モデル事業」の事業支援者にアクアが決定されました

2016年7月27日 日刊建設工業新聞1面

国土交通省は26日、地方自治体を対象とした「多様な入札契約方式モデル事業」で、新たな入札契約方式の導入・活用を目指す5市町村のうち先行選定された2市を支援する事業者を決定したと発表した。
高松市の給食センター建設事業はCM(コンストラクション・マネジメント)業務を専門とするアクア(東京都中央区、大谷龍則代表取締役)、香川県善通寺市の新市庁舎建設事業は明豊ファシリティワークスが支援を担当する。
選定された支援事業者は、各自治体に派遣され、支援対象事業の性格や地域の実情などの課題を整理した上、最適な入札契約方式を検討。 選定した入札契約方式を採用するための手続きの支援なども行う。支援期間は2017年3月まで。
アクアが支援する高松市の給食センター建設は、老朽化した給食センター(6カ所、学校併設約30カ所)を児童数の増減に合わせて再整備する事業。 設備の効率配置など給食センターの整備ノウハウが市に不足しているため、CM方式の導入を検討。 施工者選定には事業の早期段階から施工予定者(優先交渉権者)が技術協力するECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式を検討する。
善通寺市は築50年近い現庁舎を多様化する市民ニーズに応え、災害時の中枢を担う拠点に建て替える。 市には技術職員が少なく庁舎建設の経験も不足しており、発注者を支援するCM方式を検討するため、明豊ファシリティワークスがアドバイスを行う。
プロジェクト上流の基本計画段階から支援に当たり、設計や施工の入札契約方式の検討もサポートする。

一覧へ戻る