代表挨拶・沿革

「人の融合、技術の総合、
人と技術の統合」により、
「価値」を創造し社会に貢献する。

株式会社アクアの社名は、建設業界を水のように透明にしたいという思いから定められました。また、シンボルマークには、力の原点である三角形を多面的に組み合わせることで、様々な力を結集し新たな価値を創造すること、そしてその価値を社会と人に対し還元し、循環させる企業でありたいという思いが込められています。

ごあいさつ<次世代に向け進化し続けるマネジメント会社を目指して行きます

代表取締役社長 大谷 龍則

代表挨拶

株式会社アクアは、プロジェクトマネジメント(PM)・コンストラクションマネジメント(CM)の専業会社として1998年に産声をあげ、コンストラクションマネジメント業界のリーダーとして、日本の建設産業の健全な発展に寄与することを目指してまいりました。

その後、国内経済の低迷や業界再編が進む時代を乗り越え、企業としての存在価値を認めていただくと共に1,500件以上のプロジェクト実績を重ね、2021年には創立24年目を迎えます。これもひとえに、日頃より変わらぬ御愛顧を頂いているお客様を初め、各方面で多大な御支援を頂いている皆様のおかげであり、心より厚く御礼申し上げます。

この間、「健全な建設生産システムを拡大し、 四方(しほう)よしを実現する」を経営ビジョンに定めると共に、中期経営計画目標達成とブランドの一層の確立に向けて、マネジメント力の向上、組織力の強化、DX化の推進等に積極的に取り組み、さらなる企業価値向上に努めてまいりました。 また、「社員満足度日本一の達成」も経営ビジョンに掲げ、柔軟な勤務制度の導入、充実した福利厚生制度の採用等を行うと共に、社員が自らを高め、組織として効率よく最大の効果を発揮する環境を整えてまいりました。

建設産業の古き慣習を打破する事は元より、更なるパイオニア精神を全社員で宿し、育て、そして発揮し、次世代に向け進化し続けるマネジメント会社を目指して行きます。

株式会社アクア
代表取締役社長 大谷 龍則

沿革

1998年2月
株式会社アクアを資本金1,000万円で設立
本社を大阪市中央区本町に開設
2000年7月
本社を大阪市中央区南久宝寺に移転
2002年5月
東京支店を東京都千代田区神田駿河台に開設
2002年12月
東京支店を東京都港区東新橋に移転
2003年1月
本社を大阪市中央区南船場に移転
2005年8月
資本金3,900万円に増資
2009年9月
本社を大阪市西区西本町に移転
2011年11月
本社を東京都港区東新橋に移転
2012年11月
大谷龍則が代表取締役社長に就任
2013年5月
本社を東京都中央区晴海に移転
2018年5月
本社を東京都千代田区神田に移転

建設コスト、プロジェクトの課題を
アクアに相談する