代表挨拶・理念

株式会社アクアは、プロジェクトマネジメント(PM)・コンストラクションマネジメント(CM)手法を通じて、
お客様のプロジェクトの成功を強力にバックアップいたします。

株式会社アクア

株式会社アクアの企業理念は、その社名に由来する水のように、常に透明性を維持しながら、専門性に優れたプロの視点と柔軟な姿勢で、人と技術をつないで社会の発展に貢献することです。

当社のシンボルマークには、力の原点である三角形を多面的に組み合わせることで、当社が保有する様々な力を結集して、総合的な力として新たな価値を創造すること、そしてその価値を社会に対して還元し、また人に対して循環する企業であり続けたいという強い思いが込められています。

株式会社アクアを設立した思い、それは専門性に培われたプロジェクトマネジメント(PM)・コンストラクションマネジメント(CM)手法を通じて、お客様のプロジェクトを計画通りに進める支援をすると同時に、知恵と技術によってプロジェクトの説明責任を果たす力となり、お客様が安心して安全に投資できる社会を実現したいという思いからです。

ごあいさつ

株式会社アクアは、プロジェクトマネジメント(PM)・コンストラクションマネジメント(CM)の専業コンサルタント会社として1998年に産声をあげ、建築コンサルタント業界のリーダーとして、日本の建設産業の健全な発展に寄与することを目指してまいりした。
その後、バブル崩壊やリーマンショックにより国内経済が低迷し、業界再編が進む時代を乗り越え、企業としての存在価値と社会の一員としての貢献が評価される中で、1,000件以上のプロジェクト実績を重ね、2017年1月に創立20周年を迎えました。これもひとえに、日頃より変わらぬ御愛顧を頂いているお客様を初め、各方面で多大な御支援を頂いている皆様のおかげで、心より厚く御礼申し上げます。

この間、2001年には日本コンストラクション・マネジメント協会の設立に深く関わると共に、関西支部の事務局を6年間担当してきました。以来、その基本理念の目標である「健全な建設生産システムの再構築」と「倫理観をもったプロフェッショナルの育成」、ならびにコンストラクション・マネジメントの健全な普及発展をはかることを当社の基本方針として取り組んでまいりました。
当社は、豊富な経験と幅広い専門知識や高度な技術により、お客様のプロジェクトをきめ細かくサポートし、客観的な視点と公平中立な立場で、プロジェクトの全体像を俯瞰しながら、細部にわたってケアすることを社員全員の行動指針として、お客様がプロジェクトの「品質」「納期」「収支」を計画通りに達成するための強力な支援となることを目指しています。また、秀逸な技術力を保有しているだけでなく、正直で誠実な人格と堅実な実務遂行能力は、お客様の95%を超えるリピート率という高い評価に反映されており、さらに、当社の目指す「三方よし」の精神は、プロジェクトに参画する設計会社、施工会社、運営会社などの関係者の皆様との協力関係を緊密にし、チーム全員が共通の目標に向かって士気を高める原動力となっています。

当社の最大の強みは、長年の業務を通じて蓄積したデータ量と、常時携わっている複数のプロジェクトから得られる実際の取引での生データの質による「データ(りょく)力」です。客観的なデータ重視の観点から、お客様の意思決定に必要な新鮮な情報を提供できるよう、今後も引き続き、「データ(りょく)力」を一層強化してまいります。

これからも人と技術をつないで、お客様が安心して安全に投資できる社会を実現できるよう、
なお一層の努力を惜しまず、全社をあげて取り組んでまいります。

株式会社アクア
代表取締役社長 大谷 龍則

代表取締役社長 大谷 龍則