プロジェクト[オフィスビルCM活用事例]春華堂本社複合施設 スイーツバンク

「うなぎパイ」で有名なお菓子メーカーの記録より記憶に残る店舗の実現へ向けたプロジェクトサポート

有限会社 春華堂

「うなぎパイ」で有名なお菓子メーカーの記録より記憶に残る店舗の実現へ向けたプロジェクトサポート

本プロジェクトは、静岡県浜松市に本社を構える春華堂の本社屋新築プロジェクトです。地元企業の浜松いわた信用金庫とのコラボレーション事業として、「記録より記憶に残る店舗・記念日を全力サポートする施設」を目指し銀行・商業施設・本社事務所など複合施設として計画されました。

二棟の建物外観は「机といす」でデザインされ屋上(テーブルの天板)にプレゼントBoxを配置するなど、机・いすを忠実に再現し、Anniversaryを具現化した外観デザインとなりましたが、関係者間のコミュニケーションの行き違いによって発生したプロジェクトスケジュールの遅延や、共有すべき情報の認識違いなどの改善を目的として、アクアに以下のCM業務を依頼されました。

1つ目は、プロジェクト全体を網羅したスケジュール管理・調整と共有・助言です。建築、内装、個々の設備工事と複数の異なる設計者や施工者が参画するプロジェクトの中で、それぞれの役割とスケジュールを明確にさせ進捗管理・調整を実施しました。
2つ目は、お客様の意思決定を円滑に進めるための支援業務を提供致しました。お客様の意思決定時に比較選択できるように、設計者・デザイナー・施工者などと提案内容について事前の確認や調整を実施し可能な限り選択肢を提示できるようにしました。この結果、納得感をもった円滑なお客様の意思決定が可能になり、プロジェクトが円滑に進行致しました。
3つ目は、予算管理です。プロジェクトの進行中に発生する計画変更に対して、コスト増減の可視化をすることで、変更にかかる費用対効果をお客様自身で図ることが可能になりました。またお客様の予算額との共有を都度行うことで、判断を行っていただき易く致しました。

設計・施工・各種デザイナー・コンサルの一体スケジュールを作成・周知しマイルストーンの管理を行う事で、スケジュール遅延の防止を図りました。また、問題点・懸念点は会議体やメールなどで関係者にアラートを出し、問題点の可視化と解決に努め、予定通り開業することが出来ました。
当初より検討していた「机と椅子」の外観デザインコンセプトも実現し、記録より記憶に残る店舗としてお客様が納得できるプロジェクト支援を遂行致しました。

 

※掲載画像における権利者等の情報
施設:春華堂本社複合施設「スイーツバンク(SWEETS BANK)」
事業主:有限会社 春華堂
撮影:御園生 大地
画像提供:株式会社丹青社

プロジェクト概要

所在地
静岡県浜松市
延床⾯積
2,647㎡
構造・規模
S造 SRC造 地上2階 2棟
用途
商業施設、事務所
種別
新築

アクアが担当した業務段階

  • 企画設計
  • 基本計画
  • 基本設計
  • 実施設計
  • 施 工
  • 維持管理

建設コスト、プロジェクトの課題を
アクアに相談する