プロジェクト[オフィスビルCM活用事例]寺岡精工 新社屋

グローバル企業の新社屋建設プロジェクトをマネジメント

株式会社寺岡精工

グローバル企業の新社屋建設プロジェクトをマネジメント

本プロジェクトは、大手システム総合ソリューションメーカーである寺岡精工の新社屋計画です。グローバル展開するグループ企業の本社として相応しい建物であること、訪れた顧客の記憶に残るショールームの設置などを目的としていました。アクアはプロポーザルによる設計施工者の選定支援から竣工までのCM業務を担いました。

今回、お客様は2つの大きな課題を抱えており、アクアはそれらを共に乗り越えることが求められました。

1つ目の課題は、プロジェクトの各プロセスにおいて、お客様の納得感や安心感を高めることでした。お客様が過去に行った建設プロジェクトではそれぞれの段階で情報が透明化されていなかったことから、プロジェクトへの納得感が低いまま進行していました。そこで今回の計画では、アクアは各過程で必要な情報を明確にし、それらを分かりやすく整理、提示することでお客様の納得感向上を目指しました。

また、各事業部の社員・経営層に対するヒアリングを通じて新社屋としてあるべき姿を明示し、設計施工者の選定段階では各社の提案内容を多角的に分析・比較しました。明快に整理された様々な情報によって、お客様自身が描くビジョンに最適な計画と設計施工者を選定することができ、高い納得感をもってプロジェクトを完了することが出来ました。

2つ目の課題は、お客様の自社に施設建設や運営のノウハウを蓄積することでした。本プロジェクトはお客様にとっては10年振りの新規建設事業であり、プロジェクトを通して、建設プロジェクトや施設管理に対しての理解を深め、社員の施設運営に関するスキルを高めることも重要なポイントでした。そこでアクアはお客様と緊密に情報共有を行い、ひとつのチームとしてマネジメントを行うことで各プロセスの重要点・注意点など理解を進めていただきました。

結果、将来の建設プロジェクト・施設運営に対して知見を深めて頂き、お客様の社内にノウハウを蓄積することができました。

プロジェクト概要

所在地
東京都大田区
延床⾯積
4,100㎡
構造・規模
S造 地上4階 地下1階
用途
事務所
種別
新築

アクアが担当した業務段階

  • 企画設計
  • 基本計画
  • 基本設計
  • 実施設計
  • 施 工
  • 維持管理

建設コスト、プロジェクトの課題を
アクアに相談する